福本竜三製箸所 / 名古屋のお箸
名古屋のお箸

手づくりにこだわって80余年
福本竜三製箸所

地元・名古屋で製材から磨きまでもご家族で行っている「福本竜三製箸所」。
一膳完成するのに約3年かかるというお箸は、オーナーである福本光男さんがお父様から受け継いだ技法によってひとつひとつ心を込めて製作されています。

唐木箸に魅せられて


名古屋のお箸
黒檀・紫檀といった「唐木」を原材としたお箸です。
かたく、重く、ザラザラしていて個体差の激しい唐木ですが、職人の技で丹念に磨き上げることで自然な美しい木目や光沢が現れます。

名古屋のお箸
それぞれに個体差があります。


福本さんが製作するお箸も、すべてがこだわってつくられた逸品でありながら、どれひとつとして同じものはありません。
堅い唐木の特徴を生かして箸先は細くとも丈夫に。

名古屋のお箸
名古屋のお箸
細い箸先はエビの尻尾もこの通り美しく摘めます。


「四方胴」、持ち手が鋭角に削られた「天削」ともに、箸の形は四角形。
握る部分がしっかりと「面」になっていることで、指にフィットする面積が広く、扱いやすいです。
丁寧に漆で仕上げを施しているので、食器用洗剤も気にせずお使いいただけます。

サイズは23.5cmと20.5cmの2種類。色は黒檀と紫檀の2種類です。
少しだけ長く、重さもあるので、20.5cmはお子様だけではなく手の小さな女性にもおすすめです。

■商品ページはこちらから
福本竜三製箸所 / 名古屋のお箸

名古屋のお箸
味噌カツサンドも。


桐箱入りペアギフト

名古屋のお箸

桐箱入りペアギフトもございます。
金彩を施した「天削」を二膳、「しゃちほこ」と「名古屋城」を描いたユーモアたっぷりの桐箱に入れて。
名古屋ご出身の方へのギフトにはもちろん、名古屋への引っ越し・転勤を控えた方へのギフトにいかがでしょうか。

名古屋のお箸

■商品ページはこちらから
福本竜三製箸所 / 名古屋のお箸 / ペア桐箱入り

表示切替: 並び順:
2件中1件~2件を表示
2件中1件~2件を表示


ページトップへ